地震と地盤改良

何故地盤改良が必要か

JC019

住宅の品質確保の促進等に関する法律、通称「品確法(ひんかくほう)」により、家のの欠陥などを施工者が10年間保証しなければならないことを定められました。
しかし地震などの震災で家屋が傾いた場合などは、上記の法律の対象外となります。
そのため、地震保険などに加入し別途対応することが必要です。
ただ、そういったリスクを抑える方法の1つに地盤改良があります。
家屋を建設する前に地盤調査を行い、その結果により地盤を強化し、家の重さに耐えられる土地を作りだす地盤改良。

JC158

工事には数百万円かかることもありますが、東日本大震災などの影響もあり、その重要性が再認識されています。

東日本大震災では液状化の発生もニュースとなりましたが、地盤改良をおこなっていたエリアの被害の少なさも取り上げられておりました。
家は数十年のローンを組み、一生に一度の高価な買い物となるマイホーム。
その地盤を強固にすることで、例え大きな地震が起きても、地盤自体の崩壊を防ぐことができますし、建物へのダメージも抑えることができます。

現在、建物の耐震技術が進み、大きな震度でも崩壊しない家屋が生まれていますが、その性能を最大限に発揮させるためにも、地盤強化は大切であると言えます。

地盤保証のエキスパート