印象を悪くする原因を排除

商品撮影をする時には部屋で撮影をされる方もおられるかもしれません。

そこで部屋を見て片付けられているかどうかをきちんと確認をして置かなければなりません。
背景と被写体のバランスが重要になって来るのですが、もし部屋が片付けられていなければ、余計な物が写ってしまって商品の魅力が下がってしまうかもしれません。

物が良いのだから大丈夫だろうという油断は駄目でしょう。

商品撮影の目的は、商品を購入したいと見た人に思ってもらわなければならないのですから、少しでも印象が悪くなる原因があるのでしたら排除していく事が重要になります。
基本的には被写体を中心に考えて、撮影をして行く事を強く意識しなければなりません。
背景を考える場合には商品イメージと合った物にしなければならないでしょう。
例えばアクセサリー等の場合、背景次第で安っぽく見えたり、より高級感をにじみ出せる結果にもなります。
ピンクの背景にすれば可愛らしい、あるいは女性というイメージを印象づける事が出来ます。
黄緑の背景ならばカジュアルさを演出出来ます。
黒ならば高級感を出す事が出来ます。
このようにちょっとした色の違いだけで印象ががらっと変わってしまいます。
商品撮影をするのでしたら背景についても、こだわった物にする事が重要になって来るでしょう。

GC042_L

 

商品撮影

地震と地盤改良

何故地盤改良が必要か

JC019

住宅の品質確保の促進等に関する法律、通称「品確法(ひんかくほう)」により、家のの欠陥などを施工者が10年間保証しなければならないことを定められました。
しかし地震などの震災で家屋が傾いた場合などは、上記の法律の対象外となります。
そのため、地震保険などに加入し別途対応することが必要です。
ただ、そういったリスクを抑える方法の1つに地盤改良があります。
家屋を建設する前に地盤調査を行い、その結果により地盤を強化し、家の重さに耐えられる土地を作りだす地盤改良。

JC158

工事には数百万円かかることもありますが、東日本大震災などの影響もあり、その重要性が再認識されています。

東日本大震災では液状化の発生もニュースとなりましたが、地盤改良をおこなっていたエリアの被害の少なさも取り上げられておりました。
家は数十年のローンを組み、一生に一度の高価な買い物となるマイホーム。
その地盤を強固にすることで、例え大きな地震が起きても、地盤自体の崩壊を防ぐことができますし、建物へのダメージも抑えることができます。

現在、建物の耐震技術が進み、大きな震度でも崩壊しない家屋が生まれていますが、その性能を最大限に発揮させるためにも、地盤強化は大切であると言えます。

地盤保証のエキスパート